読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンギンの飛び方

本を読んだりニュースを見たりして考えたことを、自由に書いていきたいと思います。

「民族差別」と「容姿差別」 予告

ネット

こんにちはhuman921です。

 

今回の記事はかなりセンシティブな話題であり、僕も実際やるのをためらっていたのですが、関連書籍を読んでいくうちやはりこれは扱うべきだと決心し、この記事を書きます。

記事の内容上この点はあえてはっきりさせておきますが、タイトルの「民族差別」の「民族」というのは、「朝鮮民族」をさしています。

僕は、いまやネット上で広範に、どこでも見られるようになった彼らへの差別の中に、多くの「容姿差別」が含まれていることに気付き、それに関していくつかの疑問を持つようになりました。

 (ところで朝鮮「民族」としていますが、民族の定義、範囲についてここでは詳しく論じる必要はないと考えているので、ここでの「朝鮮民族」とは、「在日韓国・朝鮮人」と「(韓国に住む)韓国人」を指していると、とらえていただいて結構です。)

僕がなぜこの記事を書こうと思ったかについては理由はいろいろありますが、上記のように大きくいって次の2点に非常に疑問を感じ、これをどうにか学術的な観点から紐解けないかと思ったからです。その2点と言うのが、

  1. なぜ容姿差別なのか
  2. なぜ他の民族への差別には見られないのか

                       です。

 

1つめの疑問点の「なぜ容姿なのか」については、僕がネット上の当該書き込み(どのような内容かはわかるはずです)を初めて見たときから心に引っかかっていました。

というのも、恐らく世界でもっとも日本人(日本民族)と(容姿の)形質が似ている民族のひとつである朝鮮民族に対して、容姿への罵詈雑言を浴びせると言うのは、自らの黄色人種、日本人(民族)としての形質を否定することにつながるのではないかと思ったからです。

僕は、なぜそんなリスキーな、たやすく自己否定へと繋がるような部分を差別をするのか、長く不思議に思っていました。

次に2つ目の「なぜ他の民族への差別には見られないのか」についてですが、これは韓国人や在日コリアンと同じくネット上で差別の対象となることの多い中国人には、この「容姿差別」が前者と比べてそれほど(自分の観測では)見られないことから疑問に感じたことです。

 

 さて、ここまで書いて僕も気分がいいとはいえないのですが、ここから、僕が関連文献を読んで得た知見を元に、この2点の疑問点に対して自分なりの解釈を試みたいと思います。

 

と、ここまで書きましたが、おそらくこのエントリは長くなりそうなので、とりあえず今回はここまでとし、次回にしっかりと完結させるために、区切りのいいこのあたりでいったん終了したいと思います。

なお、「ネットはなぜ言葉の暴力で溢れているのか」についてはもう少し待ってください。(どっちが先にできるかわかりませんってかそもそも誰も読んでない!)

では。

 

続きです!

human921.hatenablog.com